パチスロ実践日記

【メシウマ】生涯パチスロ負け額ランキング

どうもパチンカスブロガーダイキ(@daikipachislo)です。

過去のブログで、1日の最大負け額ランキングTOP3のパチスロ機種を紹介しました。

今回はパチスロ歴20年のパチンカスの僕が

トータルでの負け額がもっとも多いパチスロ台TOP3を発表

していきたいと思います。

塵も積もれば山となるという言葉があるように

諭吉が積もれば山となるものですW

では解説していきます。

解説の前にポチっとしていただけると今後の励みになります!
↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

パチスロ歴20年のダイキが最も負けたパチスロ台

3位 ミリオンゴットハーデス(約150万)

パチンカスダイキが5号機で一番負けている台。

そしてトータル収支では第3位の機種だが

短期的な期間での負け金額は断トツ

なんと1カ月で100万負け

その出来事は5年前の8月

友人がこのハーデスで勝ち続けているとよくパチスロ仲間に自慢していた

その友人とふとしたきっかけで一緒にハーデスを打ちにいったのが最後

友人は当たり前の様に引きが強く連日のようにメダルを積み上げていた。

僕はというと友人と同じ店、同じ時間にこのハーデスを打ち

毎日のように大負けを重ねる。

気が付いた頃には時すでに遅し、1カ月の負け額が100万円を超えていた

しかもこの台はかなり相性が悪かったことも重なり

100万円以上使ったのに何故か1度も神が降臨しなかった台

おそらくこの台に限っては引きの弱さは日本ランキング上位

2位 初代北斗の拳(約-200万)

この北斗の拳、パチンカスダイキの

1日の大負けランキングにも殿堂入りしているレジェンド台

この台ほんとに中毒性があり

おもしろかった~(当時の北斗打ちは共感してくれると思うW)

その根拠に累計販売台数の62万台は(史上最高記録)は現在も破られていない

特にバトルボーナス中の継続率を示唆する演出ときたら

こんな演出や

こんな演出がきたら

もう、北斗中毒になりますよW

そして、このレジェンド台は長~く、そして確実に僕の諭吉をさらっていったのである。

気が付けば軽く見積もってもトータル-150万

この台が撤去されると聞いたときはなんとも言えない気持ちになった

ラオウよ

俺の金をもって先に昇天しやがったな~

く、くそ~(怒)

1位 初代ミリオンゴッド(約-250万)

そして堂々の一位は初代ミリオンゴッド

この台は僕がパチンカスになったきっかけになった台。

トータル負け額は僕のパチスロ史上最高の-300万円強

しかもこの台で僕は万枚を出したことがない。

この初代ゴッドでは1/8192のゴッドフラグを引くと約5000枚が約束されていた。

2回引くと万枚が確定した。

簡単そうではないですか?

ここが熱くなった最大の理由。

当時の僕はゴッドを引くまで諭吉さんをぶっこみまくり

初代ゴッドの1日の最高負け額は15万だが(一日打ち続ければもっと負けれる)

10万オーバー負けを量産した僕の中のレジェンド台。

ほんと神様シリーズは相性がかなり悪い。

その後のゴッドシリーズでもなぜか1/8192のゴッドが引けない、、、

だけど、GODが引きたくて打ってしまうんだよな~

おまけ AタイプVer 4号機ハナビ(約-100万)

パチンカスダイキが初めて打ったスロット台

全国のホールに約8年間もいた長老

1日の負け額は少ないが

それこそ塵も積もれば山となるですよ

なが~く、そして確実に僕の諭吉さんを見事にさらってくれました。

だけど個人的にAタイプで一番大好きな台。

進化を遂げた、五号機のハナビの撤去がカウントダウン(2020年12月14日撤去最終日)

されるなか

時代の流れだからしょうがないと思う反面

ハナビが無くなると個人的にはさみしい思いです、、、

ユニバさん(旧アルゼ)さんに次の6号機ハナビの開発期待しています(^^)/

まとめ

今回は、パチスロ歴20年のパチンカスダイキがトータル負け額が多い台を機種別

ランキングで発表しました。

振り返ると、恐ろしいくらい負けているなぁとブログを書きながら感じています。

この時期、僕自身は負けている感覚があまりありませんでしたからね(重症です)

過去の自分をぶんなぐってやりたいと、よく聞く言葉ですがブログを書きながら本気でそう思いましたW

今、こんなに負けたら嫁からすぐに強制的にパチスロを引退させられてしまいますW

楽しいパチスロライフを送るため、過去の過ちを最大限に活かして

パチスロ生活を楽しんでいきたいと思います。

ではよいパチスロライフを~