パチスロ実践日記

歴代パチスロ大負けランキング

どうもパチスロ大好き系ブロガーのダイキ(@daikipachislo)です。

みなさんコロナ自粛の中GWは楽しめましたか?

僕は引きこもってましたが、以外と楽しめました。

と言いたいところだけど、パチスロが打てなくウズウズしてました。

自粛中なので今回は実践ができないので僕が過去に1日で負けた金額が多いスロット台ランキングを発表していきたいと思います。

ほんと当時は洒落にならなかったな

ATMとパチンコや往復したもんな、、、

結果から言うとすべて10万円オーバー負けしてます。
(千円単位は覚えてないから切り捨てます)

それでは発表していきます!

ダイキの歴代負け額ランキング

第3位 初代 北斗の拳 (約-12万円)

2003年10月にサミーから発売されたストックタイプのパチスロ機。

累計販売台数62万台はパチスロ史上最大のセールス数となった名機。

この北斗の拳まじで中毒性が半端ない。

20ラウンド以上でラオウが昇天するんだけどこのエンディングをみたくて打っていた人も多いのでは?

バトル敗北後の

リンがいやらしい。

当時はリンがケ~ンと叫ぶとアドレナリン全放出でした(*^^*)

そしてお決まりの愛を取り戻せ♪が流れるもんならもう、、、。

しかしこの日は何かが違っていた。

ラオウさんがとてもお強い。

なにをやっても彼には勝てない。

愛を取り戻せ♪が流れても

負けが込んでるから精神が不安定

空耳と難聴で都合よく聞こえてくる♪

金を取り戻せ~♪に

 

ケンシロウよ、当時のお金を返して~

 

第2位 初代 ミリオンゴッド (約-15万)

当時この台で熱くなりすぎて借金していた人が急増して社会問題となった台です。

2002年6月発売の純増約10枚のAT機

8192分の1のゴッドを引くとほぼ一撃5,000枚が確定する破壊力抜群の台。

当時のゴッドコーナーはお客さんが鉄火場にいるような状態だった。

現に当時のマイホで5万枚を超える強者が現れたほど

しかしこの台、通常時まじで回らない。たしか20ゲーム弱だったはず。

あっという間に朝一から天井くらったら死ねる台。

 

当時の僕も朝一から8192分の1のゴッドを揃えるために神様にたくさん貢いでいたクチです。

もちろん神様の恩恵はなかったですが、、、

実は、パチンカスブロガーダイキが生涯で一番負けている台(トータル負け額は

違う回で暴露してきます)

当時のスロッターはこの台でいい夢も地獄も味わった人たちが多いのではないでしょうか?

 

最後に第一位の発表です。

その前にボチッとしてもらうと嬉しいです(^o^)
↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

第一位 初代 吉宗 (-18万)

そして堂々のダイキの大負けランキングは1位は吉宗

2003年に発売されて26万台の大ヒットとなった4号機のレジェンド台

そして僕が歴台のスロットで1日の負け額が1番大きい台。

1日で18万ですって(題名に約がついてないのは、はっきり18万ぴったり負けたのを覚えているから)

この日は1921ゲームの天井を2回喰らい挙げ句の果てには2回ともレギュラー

ここまでいくとお金の感覚がないんだよね

当時の投資額による気持ちの変化一覧

1万円 まだまだ

3万円 やばい

5万円 どうしょう

7万円 たちくらみ

10万円 どうでもよくなる

18万円 しOたくなる

ですよ。

もう当時は絶望でした。

なんでここまで熱くなったか

言い訳をさせてください

ビック中のキ~からの

こいつのせいです↓

爺さんをハワイに連れて行きたくて諭吉をひたすら犠牲にしてました。はい。

当時の未熟な僕でも18万あったら自分がハワイに行けたことを知るまでに時間はそうかかりませんでしたW

まとめ

いかがでしたか?

今、振り返ると4号機時代に負けが集中していると改めて実感しました。

このころは好きな台を打ち、あるお金をすべてパチスロに使っていました。

今振り返ると結構むちゃしていたなと我ながら過去を反省しています。

では次回、ブログを更新していきますのでお見逃しなく!

よいスロットライフを(^o^)